PC-Navi

インターネット接続設定 サポート

  • インターネット接続設定  

    ・プロバイダー契約をしたが、接続設定ができない。
    ・無料接続設定期間が切れてしまって有料となってしまう場合。
    ・契約変更したらインターネット接続ができなくなってしまった。
    ・パソコンを買い換えて今まで使っていたインターネットが使えなくなってしまった。
    ・有線接続ではなく、無線LAN接続に変更したい。

    などといったさまざまなケースに対応致します。
    まずは状況を電話かメール、問い合わせフォームにてご相談ください。

  • ネットワーク設定  

    モデムまでは設定してあるが、複数のパソコンで利用する場合、別途HUB又はルーターが必要となります。
    複数台のパソコンを接続する際に必要ですが、3つ口や4つ口の電源タップをご想像ください。
    蛸足配線するようになります。
    違うのはさしただけでは使えない場合があるということです。個々に設定が必要なケースもあります。
    ケーブルテレビなど一部のインターネット接続は複数台数を事前に申請していなければならないこともあります。

    無線の場合はルーター機能内臓タイプでもブリッチ接続が可能なモデルが必要です。
    契約されるルーターモデムに無線機能が付属するタイプもありますが、リース料が加算されるので、長期でみると購入されることをお勧めします。
    内臓されたタイプをご契約の場合、パソコン側に無線機能を有効にし設定を施すことで接続が可能となります。
    無線機能がない場合は、USBやPCカードなどで無線機能をパソコンに付加することが可能です。

    相性の問題ですべての無線機器がかならず繋がるといった保証はされていません。
    WiFiという統一規格がありますが、必ずしも絶対ということはありませんのでご注意ください。
    メーカーがバラバラで無線企画もバラバラだとうまく接続できないケースが多々あります。

  • ひかり接続設定  

    接続設定を行う前に必要なものが揃っているかご確認ください。
    1.契約プロバイダーの開通書類。
    2.光変換BOXとルーターまたは一体型の本体。(付属のLANケーブルがない場合は別途必要となります。)
    3.光収容BOXの場所に余分な電源コンセントがあるか。
    4.パソコン本体。(LAN端子がない場合は、別途用意が必要です。)

    以上が最低限揃っていることをご確認ください。
    いずれかがかけてしまっている場合、物理的にインターネットへの接続は不可能です。

  • ADSL接続設定  

    接続設定を行う前に必要なものが揃っているかご確認ください。
    1.契約プロバイダーの開通書類。
    2.ADSLモデム本体。(付属のTEL・LANケーブルがない場合は別途必要となります。)
    3.電話回線(ローゼット端子)の場所と電源。
    4.パソコン本体。(LAN端子がない場合は、別途用意が必要です。)

    以上が最低限揃っていることをご確認ください。
    いずれかがかけてしまっている場合、物理的にインターネットへの接続は不可能です。